前へ
次へ

腰痛には運動をすることも必要

腰痛症の人は運動を控えたほうがいいのかというと実はそうでもありません。運動をしたほうがいいパターンでは、体重が増えすぎていることで腰や膝に負担がかかっていることがありますので、ダイエットをすることもあります。しかし腰痛を持っている人は運動をやみくもにやってはいけないですし、計画性のある運動プログラムをこなすことで成功します。まず腰の筋肉は大きくパワーがあることからも固くなっていることが多く、柔軟性を出すためのストレッチなどをやって筋肉を弛めることは必要です。そして有酸素運動をするときにもエアロバイクでは座りっぱなしな運動なので、15分から20分くらいで終了して、ランニングマシンはウォーキングをゆっくりと行うことが基本となります。ランニングをしては腰に負担がかかりますし、ウォーキングであれば腰に対する負担も少なく、それでいて筋力もつけることができるので足腰を鍛えるにはとてもいい方法といえます。

Page Top